忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[239] [238] [237] [236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229]
誰も誘いに乗ってくれないので一人で
当日券、1階席の一番安いやつ、7000円
升席に一人、真正面、隣がかわいいオンナノコ三人組、と言うことなし
カメラ忘れて残念

第0試合
いつもの菊タイム、アラヤ抜きでも問題なし

TAKAタイム
やはりVMとのからみがないと。
歓声講座で変にブーイングを意識させたかも。
あと、足をバタバタは両国では・・・・。

第1試合
TAKAカズvs愚連隊
ポテンシャルを考えるとダメ試合
テーマがないせいか。
最後のTAKAカズ論外の離脱アピールも前フリ後処理無しでポカーン。

第2試合
アヒーワールド
オンナノコがセリフを噛んでほのぼの
第1試合の方がよかったかもね

第3試合
健介ファミリvsTARUSUWA
ファミリの会場人気すごく、絶対ベビーだなとつくづく
ベビーvsヒールがはっきりしてて、一般向けには90点以上の内容
でも、SUWAサンにはブーイングをできないよ
ブラザーがノアのSUWAと紹介したのはビックリ
北斗、セコンドにつくならノーメイクはダメ

第4試合
相撲マッチ
ややgdgdも、ジョニーのジョバーっぷりには感心
これまたわかりやすい、良いプロレスの試合
わざわざリキシ呼ばなくてもいけたでしょう

第5試合
ムタTAJIRI白使ダスティン
色物揃いでは試合が動かないよ
やはり普通に進行できる人がいないのはいかんねぇ
武藤で出たほうが良かったかも
白使の各種ムーブはサスガ

第6試合
近藤vs勝彦
文句なしにこの日のベストバウト
中盤のラリートミスは痛いが、終盤の説得力は圧巻
近藤のパワーはもちろんのこと、
勝彦の蹴りの重さ、投げの高さが説得力を産むんだなぁ、と
ジャーマンでベルト取れるってのは、プロレスに必要な何かを持っているってことだろう
しかし、ファミリータイム長すぎで会場が冷えた

セミ
カードからして最低、今さら川田ケアで来ても感情が乗らない
ケアの三冠奪取で、もう王道継承は一段落したでしょ
勝彦の後に川田のキックは、見れたもんじゃない
K-1や総合でキックでのKOシーンを見慣れた今では、
ステップキックやスピンキックは正直、コントにしか見えない
実際会場からも失笑の嵐
試合を盛り下げた川田の「この試合じゃ客が納得しない」マイク
思わずお前が言うな、って叫んでしまった
諏訪魔はブックに不満なのか、あまりやる気がなさそうだった

メイン
みのるはタッグ屋だね
全日の客層とスリーパー決着が見事に噛みあわない
これまた、ポカーンな結末
最後のチャンカンアピール合戦に尻を拭いてもらった感じ
みのる退場のセコンドに、MASADAが来たが論外はおらず

総括
前半はグダグダささえ改善されれば悪くない
むしろ一見さんには非常にわかりやすいプロレスだった
しかし、あの前半なら後半はガツガツした試合だけにしないと
ロックアップをするような試合がほとんどなかったのもねぇ
キャストの割りにブックが悪かったかな
詰め込みすぎ
期待が大きかっただけに、残念な気持ちで一杯
勝彦戴冠がなければハズレ興行と言われても仕方ない
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]