忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1728] [1727] [1726] [1725] [1724] [1723] [1722] [1721] [1720] [1719] [1718]
前田・松井・香川・本田という大会当初の前線だと、
スペースの潰しあいになって、
互いにいいところが出せなかった

前田・岡崎・香川・柏木というサウジ戦布陣では、
柏木がゴールを狙わず低目まで大きく動き、
岡崎が前田の周囲で衛星となることで連動性がうまれた
(香川にスペースがうまれていたが光りはしなかった)

ということで、
本田の個人能力による上積みよりも、
柏木のリンクマン能力によるチーム連動性向上の方が、
チームにとってはプラスに作用していると思う
それはこのチームの心臓である遠藤をいかに活かすかと同意で、
要は本田と遠藤の相性の悪さみたいな意味でもあろう
本田は難しいボール際でマイボールにできる強さはあるが、
個人能力の高さがゆえに自分で難しいことをしてしまうので、
たとえば「遠藤が視野を広く取れるような落とし」とか、
そういう連携の部分に難があるように思える

また香川の鋭い切り返しというストロングポイントを活かすなら、
彼の周りにはスペースが大きいほうが良い
これとボールを足元で受けに近づく本田との相性も良くない


という自分の好みとは別に、予想

ケガの本田が復帰して柏木が抜け、
松井の部分は岡崎というのが妥当な線だろう
それ以外ではウッチーがイノハに代わる

岡崎長谷部ウッチーの右サイドの連携は良かった
イノハに代わってどうなるか
イノハがウッチーほどに上がってこないなら、
このスペースに本田が流れる
そうなれば左から中に入る香川にもスペースができる
悪くない展開
さらに左サイドでは、
今大会、気持ちの乗ってこなかった長友だが、
トーナメントに突入して調子をあげてくるだろう
となれば、
空走りをいとわない長友が相手をサイドに引き付けられる分だけ、
香川が切り込むチャンスが増える
いわゆるデルピエロゾーン付近で香川が輝く展開になるのではなかろうか

前田本田長谷部の縦のラインのポジションチェンジは、
この代表においては重要なキーポイント、というかウィークポイント
前田が少し降りてきてタメた時に、
本田が前方へ進出するのは想像できない
長谷部が進出するのはありえる

守備の連動でいうと、
本田のところで奪うのか、
遠藤のところで奪うのか、
それによって展開は変わるのだけど、
カタールの試合見たこと無いからわかんないなぁ


うーん
考えるほどに、
本田が活きる展開ってのがありえない気がするんだよなぁ
どうしても本田を使うなら、
いっそOUT前田にして、
本田
香川柏木岡崎
遠藤長谷部
の並びにすれば良いんじゃなかろうか

個人的には、
前田
遠藤香川岡崎
柏木長谷部
の並びも良いと思うが


PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]