忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1740] [1739] [1738] [1737] [1736] [1735] [1734] [1733] [1732] [1731] [1730]
誰が何と言おうとも、完勝です
今大会、完勝です


香川の代わりに右に藤本、左岡崎でスタート
かなりソロリとした導入
藤本は外で待ってから中に切り込む
タイミングが合った時はウッチーと良いリズムだったが、
本田や長谷部との兼ね合いで浮くことが多い

本田が簡単にちらしてリズム
しかし遠藤へのバックパスがあまりない
前を向いた遠藤がスイッチを入れるのに、惜しい

岡崎と長友が爆走する左サイドは完全制圧
ただしハイボールを左奥に入れられるとつらい

CBの対応がまずい
競り負けるとこぼれ球を狙われる
先に飛ぶと体を預け反転される

相手ラインは低いのでラインの中に入ってかき回したいが、
岡崎は左からあまり切り込まない
前田が降りて触ったら入れ替わりで飛び出したい
それはトップ下の仕事ですぞ、本田君

遠藤は左に張り出してゲームメーク
これで岡崎が入れるので形としては良い
しかし守備に不安が残るのでほどほどに

前半終了時
バイタルでの守備が怪しい
OUT藤本IN細貝で4-3-1-2にしてはどうかと思ったが、
ザックは動かず、後半開始早々にOUT藤本IN岩政
岡崎長友今野吉田がスライドして4-2-3-1のままだが、
今野が左SBで守備に張り付く
不動のCB今野を動かすこと
上下動で攻守に貢献する長友を前に貼り付けること
セカンドを拾う中盤には手を入れないこと
どこを取っても奇抜
当初は今野長友の役割が不明だったがじょじょに馴染む

岩政はハイボール以外は何もできない
ボールを持ったら大きく蹴ってしまう
足下が不安なので吉田もボールを回さない
相手のターンについていけない
これは失敗かと思う
が、
豪州はなぜか放り込み一辺倒なので、
結果的に岩政のストロングポイントが活きる

後半20分頃、
本田が失ったのにチェイスしないことに憤怒
そんなに前に残って自分で決めたいのか
それならちゃんと決めて見せろ

間延びした中盤を制圧する長谷部遠藤
二人だけで攻守と緩急と激しさと冷静さを産み出す
代替不能のダブルボランチ
そして、そつなく守備と組み立てをこなす吉田
前からそこにいたかのような安定感

岡崎が右に入ってから中でプレーするようになり、
前田と上手に入れ替わりはじめる
ウッチーのコースも産まれ形になりだす

OUT前田IN李
足下でつなぎセンターではなくサイドから崩し、
相手の最終ラインを乱す狙いか
長友内田を信頼しての采配か
采配的中
長友が余裕で振り切ってクロス、李のボレー
セル爺、大興奮!

やはりクローズが下手な日本
最後に大ピンチを招いたが試合終了
優勝


この勝利は、
Jリーグの勝利だ
今の代表に不可欠な選手達
遠藤・長谷部・長友・岡崎・今野
みなJリーグで研鑽し世界クラスの選手に成長した

「11年後(カタールW杯)に選手として戻ってきたい」
戦前の長谷部の言葉を改変したい
「11年後(カタールW杯)に選手としてカップを掲げたい」

PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]