忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1081] [1080] [1079] [1078] [1077] [1076] [1075] [1074] [1073] [1072] [1071]
一日二試合観戦

山形vs鹿島
小笠原を欠きながらも圧倒的にゲームを支配する王者鹿島
特に前半はほとんど山形陣内でのゲーム展開
山形はあきらめないチェックでシュートこそ打たさないものの、
ボールを奪取した後に鹿島の激しいフォアチェックにあい、
意図のないクリア、それを拾われるという展開が続く
興梠がエリア内に進入したところでDFとぶつかりPKの判定
これは何度見てもPKではないのだが、まぁしょうがない
GK触るも止めきれず、これで1-0

このまま沈没かと思いきや、山形の逆襲がはじまる
ACLからの強行日程+山形の冷たい雨が響いたか、
鹿島の勢いが止まり一気に山形ペースへ
空中戦に強くポストをこなせるFW長谷川悠にボールを集め、
リスクを恐れずラインを上げてゴールへと攻めあがる
その長谷川のゴールで1-1
その後も山形が攻め、鹿島も鋭いカウンターを見せる展開が続くも、
双方決めきれずドロー

体調が万全であれば盤石な鹿島の組織サッカーと、
山形FW長谷川の高さ&強さが目立つ試合でした
長谷川、いいよー



続いて千葉vs浦和
千葉は最初っから全力チェイス
ガンガン行って、こぼれを拾ってゴール前まで襲いかかる
しかし、高い位置でボールを奪取するものの、
個人的な技術とフォローの枚数の不足で、
シュートが打てない
一方の浦和
千葉のフォアチェックをかいくぐった後の迫力はすごい
特に山田直輝のアイデアとキレは抜群
これにポンテ・エジミウソンが絡みすさまじい破壊力を見せる
山田が左から上げたボールがGKを超えてファーのエジにわたりゴール
結果は1-0で浦和

千葉のフォアチェックはしっかりと連動して機能していた
浦和バックラインの中でも足下があまりよろしくないケータ&ツボのところで、
ボールをバタつかせて奪取できていた
あとはそこからの決め手
はじめから全力で行くなら前半のうちに点が取れないとつらい
巻・深井・谷澤の個々の力が上がればいいんだろうけど、
それは急激には良くならないからね
中盤からの押し上げをもっと
この試合では良いところで工藤がばたついてました
アレックス、すごい

浦和は、上に書いたフォアチェックへの弱さ以外はほぼ完璧な試合運び
細貝と山田暢の両サイドバックは、
駆け上がるタイプではなく、サイドに張ったボランチ的な仕事っぷり
そこにアンカーのケータがバランスを取ってからむ
さらにその三人よりも少し前で、
セントラルMFとして光を取り戻した阿部勇樹
ボールを散らせるし、ゴールにも侵入していける
下の動画を見るとスルスルと危ないエリアに侵入していくのがわかる
前線の破壊力もさることながら、
この四人が形成する中盤ブロックの盤石な組織力が今の浦和の強み、かな
まぁサイドバックが駆け上がらなくてもゴールをうかがえる前線とも言えるけど





4チームとも、
非常に組織的なプレーを見せていて楽しいゲームでした
感想としては、
双方がしっかりと組織だっている場合、
ゲームの流れを決めるのは個々の力だな、と
どれだけ落ち着いてボールを納めて次に渡せるか
ここの精度の差が最後には大きなウェートを占めるようです
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
7 10 11
13 15 16 19
20 22 23 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]