忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1011] [1010] [1009] [1008] [1007] [1006] [1005] [1004] [1003] [1002] [1001]
0-0 ホームで引き分け

内容はダメダメでした
あいかわらず攻め方が淡白
前の試合で見せた裏を取る動きもほとんど見られず
裏を取れたときもライン際なので決定機に結びつかない
そうだ、
とにかくサイドから攻めてるんだけど、
サイドを崩しきっても中で決められるパターンがないんだ

サイドでは常に前に前にで、
横や後ろへの動き、動かしが見られない
また、いったん後ろに戻すとプレッシャーに負けて最後列までいってしまう
そしてトゥリオや中澤は遠藤や長谷部に預けずただドカ蹴り
組み立てする気、あるんかね??
前から守備をしている都合上、
後ろが強気に押し上げないと中盤が希薄になってしまう
そうならないためのバランサー遠藤なんだから、
ちゃんとDFと遠藤のトライアングルでボールを落ち着かせてください

決定機と呼べそうなものは、
ウッチーがサイドで縦にいかず横に出して遠藤がミドルを打ったシーン
決めてよ・・・

遠藤とチュンの距離が遠く、
上手に組み立てられなかった印象もある
途中、マツイとチュンがサイドを入れ替えたり、
遠藤が前に張り気味になったりと変化をつけていたが、
どれも効果的ではなかった

で、
やっぱり人選に問題があるように思う
タマダ・タツヤ・マツイだと前線で人がだぶつく
どこかを代えて、チュン・遠藤のリンクを強化したい
やっぱりケンゴなのかなぁ
もしくはそっくり入れ替えてしまって、
ヤナギ・マキ・ハニュウで前線
チュン・エンドウ・ハセベでその後ろ
ってのも面白いだろうに


守備では寄せが甘いのが気になる
受け渡しや察知はできているけども、
1vs1の局面で寄せが甘くて上げられたり、
余裕を持ってボールを持たれたりしている
もう少し厳しく


とにかく、
また同じコトを言いますが、
岡田が何をやりたいのかがまったくわかりません

疲れが残る観戦でした
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]