忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23]
世間の波に乗って、サッカーの話

一口に監督といっても代表とクラブでは役割が違う
代表の監督に求められるのは3つ

①チームを構成する選手をチョイスする
②チョイスした選手に哲学を浸透させる
③当日、試合で采配を振るう

クラブの場合は①が難しいかわりに、②が「育てる」になるんだと思う
③に関しては、どちらも同じ

ジーコは、もちろん3つともダメだったんだけど、諸悪の根源は①だと思う

ジーコのチョイスはまず11人ありきでの23人
サブのメンバーはあくまで「交代要員」でしかなく、だから③での「オプション」にはなりえなかった
松井がはずれ、稲本・遠藤・中田コが入ったのはそういうことだろうと思う
同様に、FWも何かのスペシャリストが見当たらない
高さ、スピード、飛び出し、ファウルもらう、前からのチェイス、などなど
他者と違う、「特異性」を求められるFWなのに・・・
どうせなら、とりあえずデカイヤツとよくこけるヤツをチョイスしてほしかった
どうせセットからしか点取れないんだからさ
平山&鈴木??
あと、無名のJ選手の突然の選抜も無かった
大黒や佐藤は初代表とはいえ、それなりに数字で結果を出してた
いわゆる「発掘」はなかったってこと
これはジーコがほしい選手ってビジョンが無かったから
ま、②の戦術哲学が無いんだもんね、しょうがないか
あえて言うなら、唯一ジーコがこだわった両サイド
たとえばアレよりも勤勉に動く左はもっといるだろうし、
カジ君よりも決定力のある右もいる
本当に、ちゃんと探した??
まったく

まとまりがない文章だ
言いたいことがありすぎるし、感情が先にたつ
いかん


ということで、オシム
「反省なしにいきなり次の監督かよ!!」みたいな意見もあるけど、
ジーコの負の遺産を清算する必要はなくて、ココはリセットしちゃいましょうよ
そういう意味で、次の監督が早くに決まってよかったと思う
Jで結果を出してきたオシムが見たJの選手
星の数ほどいるJの選手の中からオシムがどういうチョイスをするかは、本当に興味深い
オシムジャパンの初招集が待ち遠しい
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]