忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[881] [880] [879] [878] [877] [876] [875] [874] [873] [872] [871]
結果は1-1のドロー
先制されて追いつく展開だったけども、
全体的にはダメダメです
ここまで二敗で後がないウズベキスタンがはじめからガンガンプレス
日本はそれに対応できずバタバタ
試合の入り方が明暗を分けた感じです


今回は各エリアについて考察

CBの二人はダメだったね
特にビルドアップが最低
中澤は精度悪く、トゥリオはバカ蹴りするだけ
遠藤-長谷部に入らないからゲームが流れない
オシム時代に最終ラインと一緒にGKもボール回しに参加させていたけど、
今回はまったくその様子はなし
守備でも失点につながったトゥリオの怠慢プレー
あそこで内側からつけていれば中澤ももう一枚中のFWをケアできたはず
その中澤はボールのないところでマークをはがされすぎ
足がついていっていない
しかし今更この二人を代えるわけにはいかんのだろうなぁ

右サイド(ウッチー・長谷部・チュン)
ウッチーはキレキレで良い感じ
守備でも対面の相手が比較的遅かったからか振り切られることもなし
三人でバランス取りながら入れ替わりをできていたし、
いざ攻める時のチュン-ウッチー間のコンビにバリエーションがあった
期待が持てる右サイドでした

左サイド(アベ・遠藤・香川)
ポジションの入れ替わりも少なく全体的に停滞
香川がライン際をドリブルしていたがチームのリズムを悪くしていただけ
アベのロングフィードや遠藤のショートパスの正確さがいかされていない
大体が香川の距離が遠いせいだと感じたがどうだろう
香川がケンゴならいいのに、とずっと思ってた
要再考

前線(大久保・玉田・香川・岡崎・コウロギ)
全体的にうーんな内容
あれだけ後ろのビルドアップがないんだから、
もっと上下動してボールをひきださないと
最終ラインから自分がうけて遠藤・長谷部に落とし爆発ダッシュ、
って動きがほしかったなぁ
玉田の打ちに行く姿勢は良い、あとは決めるだけ
大久保はカッコいいのを狙おうとしすぎ、もっと泥臭く
後半になって突然体を張ったのはハーフタイムに何か言われたから?
岡崎は光ってた
やはり泥臭く体をはれる選手は必要
チームのメンタル的にもね

監督の用兵
香川の起用がいまだ不可解
香川・大久保・玉田では中盤の構成力が活かせない
右サイドで切れ込む形ができつつあり、
左SBアベなんだから、
左ユニットはパスをつないで右に展開する方向のメンツを揃えたい
やはり香川→ケンゴ
稲本投入は、最後のパワープレーでのFWトゥリオ・CB稲本のためらしいが、
パワープレーなんだったらCB稲本みたいな保険をかけずに、
単純にFWを増やすか、放り込みがうまい奴をいれればいいのに
あいかわらずダメですな


ということで、
次への明るい希望が見えません
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 6 7 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]