忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1405] [1404] [1403] [1402] [1401] [1400] [1399] [1398] [1397] [1396] [1395]
 氏の著作だったか、
サッカー批評のインタビューだったか忘れたけど、
トルシエの「W杯メンバー23人」の選び方について読んだことがある

彼は23人枠を3つのグループに分割して考えた
1.コアメンバー
2.スーパーサブ
3.モチベーター

1グループはスタメンになりうる選手
相手国によって多少の変更があったり、
あるいはケガなどで離脱する可能性も踏まえて、
17人ぐらい
1-4-4-2の戦術であれば、
2-6-6-3ぐらいの配分で選考する

2グループは「控え」ではなく、
「切り札」として試合途中から投入するための選手
ここに3人程度

3グループは「ベンチでも腐らない選手」で、
基本的には試合に出ることが無いであろう選手の枠
このグループの選手が練習や合宿で頑張る姿勢を見せることで、
2グループや1グループで控えに回った選手が腐らないようにして、
チームとしての団結・コミュニケーションを確かなものにする
たとえばトルシエのチームではゴンや秋田など

この哲学に私は全面的にアグリーなのですよ(と湯浅風に書いてみる)

岡田さんの選手選考に不満を覚えるのは、
全員を1グループとしていて、
でも先発はほとんど固定メンバーで、
そのせいで飼い殺しメンバーが生まれてしまっていることにあると思うのです

ということで、
ボクはカズを代表に入れることを希望するのです

カズ自身のW杯への想い
代表世代におけるカズのカリスマ性
そして、岡田がカズをW杯につれていくという12年がかりの大仕掛け

チームは引き締まり、
世論は割れて話題は沸騰

すばらしい


PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]