忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1667] [1666] [1665] [1664] [1663] [1662] [1661] [1660] [1659] [1658] [1657]

広島のペトロビッチ監督が前田俊介にかけた言葉。


シュン、お前にはよく考えてもらいたい。

お前は日本サッカー界の中でも特別な才能を持った選手だ。

それなのに今、試合に出ていないのは監督のせいなのか?

少し前までお前と同じ場所にいた、お前と同じくらいの才能を持った選手たちは、

もう違うステージでプレーしている。その姿を見て、どう思っているのか。

お前は、3人ドリブルで抜いて4人目でとられる。

その後、カウンターで失点してもドリブルで抜けたことで満足している。

それはプロではなくアマチュアの発想だ。単に楽しくやっているだけだ。


お前にクサビのボールを入れて、周りは一生懸命走る。

40m、50m、時には80mも走ってくれる仲間がいる。

それなのに、お前はつまらないミスでボールを失ってしまう。

仲間の頑張りや走りを無駄にしているんだ。

ミスをしてボールを失ってしまうことは仕方がない。

でも、お前はミスして失った後、

走っていた仲間のために80m走ってカバーしたことはあるか?

そうすべきだと思わないか? サッカーはチームスポーツなんだ。


サッカーとは厳しい仕事だ。

しかし、私はそのサッカーという仕事について、

君たちにもっといろいろなものを教えてやれる。

だから、それをどんどん吸収してほしい。

でも、そうするためには、もっともっと自分自身が気持ちを前に出して

やる気を持って取り組まないといけない。

私にとって最も楽なのは、ここに来て黙って座って見ていること。

しかし、そういうことはできない。

私はみんなをもっともっとよくしたいから。

例えば洋次郎。パスを出したら、動かないといけない。

そんなことは、私が言わなくても簡単にできることだろう。

確かに、今、やろうとしているサッカーは簡単ではない。難しいよ。

走らないといけないし、アタマを使わないといけないから。

でも、プロのサッカー選手として成功するためには、アタマの中を変えないといけない。


シュン、今日の練習の最初、ボール回しをやっただろう。あれは確かに遊びだ。

しかし、ただの遊びじゃないんだ。

シュン、お前はあのボール回しの中で、ずっと中で鬼をやっていたな。

悔しくないのか? ボールが取れなくて。

俺がお前なら、悔しくてスライディングしてでもボールを取りにいくぞ。

シュン、お前は素晴らしい才能を持っている。

でも、これから成功するには、お前のそのアタマの中を変えないといけない。

そのために残された時間は、シュン、そんなにたくさんあるわけじゃない。

お前は、もう特別に若いわけじゃないんだ。

走って走って、玉際でアグレッシブに戦え。そうすれば、いい選手になれる。


90分、いや100分、180分、戦い抜くくらいにやろう。 



 

PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]