忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[2048] [2047] [2046] [2045] [2044] [2043] [2042] [2041] [2040] [2039] [2038]
オボカタさんの「STAP細胞はあります」と,
アベ首相の「この道しかない」には,
同じような腹立たしさを覚える。

「そうではないかもしれない」という逡巡が感じられない。
だからこそ,
「そうでなかった場合には,こうする」という責任感がない。

まったく大人の態度とは言えない。

最近,所内でゴタゴタした話が色々とあって,
色んな立場の人と意見を交わすことがあったが,
少なくない人が,
こういう「決め打ち」的な態度や発言をしていた。

悲しい。

「自分の考えは正しくないかもしれない」という視点を自分の中に持っていないと,
他人を,そして自分を,取り返しのつかないところまで深く傷つけてしまうだろう。

「自分では正しいと考えているけども,正しくない可能性も否定しない」というのは,
まさに科学的な態度と呼ばれるものなのではないだろうか。



PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]