忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1717] [1716] [1715] [1714] [1713] [1712] [1711] [1710] [1709] [1708] [1707]
川島
内田吉田今野長友
長谷部遠藤
松井本田香川
前田

ヨルダンはコンパクトにしつつも引き気味な布陣で、
非常に勤勉な守備
ヨルダンが基本的にワントップのおかげで、
CBと遠藤の間のパス交換はスムーズ(まだまだだけど)
一方でそこから前は混雑していて突破口が見当たらない

中盤で選手が近づいて短いパスが連続してつながるが、
それが前への推進力にはならず、単なる鳥かごのような状態
本田は降りたり流れたりしてボールにたくさん触るが、
展開がうまれない

一つは内田があがるスペースを松井が潰してしまっている右サイド
ここにあがった長谷部や流れた本田がくると内田がいきない
それ以上に存在感のない左サイドの長友と香川
遠慮しているのかモチベーションが上がらないのか、
ほとんど動きがないし、仕掛けも単調で引っかけられる
で、中・中の攻めになるが、
バイタルは選手が混み合っているし、
相手のラインもやや深いから裏のスペースがない

前田は競り合いでほぼ完勝も、決定機は一度
前半で下げられたのは不可解
たぶんザックは動くFW投入で前線の活性化を考えたのだろうけど、
であればこそ、
前田は残して松井に代えて岡崎でツートップにすれば良かったのでは
後半頭から出た李は何もできずじまい(これは結果論)

長谷部はガンガン前に出てミドルを打つ
それは良いが、出ずっぱりになるとスペースを消すだけで、
「タイミングの良い飛び出し」という利点がなくなってしまう
遠藤は長谷部を見送って後ろに控えて展開を担うが、
刺すような縦へのミドルパスがなく、何となく単調
前線が密集して攻めあぐねた後半などは、
長谷部と遠藤が入れ替わっても良かった
遠藤なら密集の中でボールをさばけるからね
この日はイマイチだったけど

吉田は同点ゴールで一躍ヒーローか
少なくともナカザーよりは足下が使えるようだし、
もう少し使われて様子見なのだろうね
他の若手CBもバンバン使って、
中盤(特に遠藤)との関係構築をはかってもらいたい

前線が混み合い陣形が縦に短く横に長いものになった
これは一番良くない
縦が詰まってしまうなら、
いっそのことサイドでもっと密集を作って、
逆サイドにスペースを作っていかないと
岡田が当初目指していた形だね


まぁ、
W杯後の燃え尽き症候群に加え、
海外組はシーズン途中でクラブに集中したい中で、
いまいち位置づけが難しいアジアカップへの参加という、
なんともモチベーションが設定しずらい環境ではある
しかし、それでも、
出るからにはちゃんと動いて走って、
しっかり勝ちきらないと
オシム爺なら激怒していたことでしょう
(ザックも穏やかに怒っているが・・・)

初戦で勝てないと、
結局いわゆるレギュラー陣は休みがとれず、
自分の首を絞めることになる
とはいえ、
実力的には問題無かろうから、
次の試合は思い切ってスタメンをいじっても良いと思う
その方がモチベーションも高くよく走れるだろうからね
その辺り、ザックがどういう手を打つかは見物だ

遠藤は近くにもう一人パッサーがいると格段に威力が増すので、
左MFに柏木などを置くのも良いと思う
その場合は岡崎前田のツートップに柏木香川を添える感じかな
香川は右というよりセンターにしてウッチーと長谷部が使うスペースを右に作る
松井と本田はアウトだね
元気(やる気?)のない長友を下げて細貝でも良いですよ


PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]