忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1375] [1374] [1373] [1372] [1371] [1370] [1369] [1368] [1367] [1366] [1365]
スノーボードの国母選手が五輪公式スーツを着崩していたことが問題とされた騒動
色々なところで色々な視点でガヤガヤ言われていますね

ボクは「国母はプロ失格」という見解です
以下つらつら


まずもっとも重要なことは、
スーツを着崩すというファッションとしてのダサさ
これが致命的
「スノーボードのかっこよさを広く知ってもらいたい」らしいのだが、
いやいや、これはダサすぎます

五輪選手団の規程(ちゃんとした服装にしよう的な文言)に抵触しているかどうか
この点で国母が妥協しているところもダサイ
かっこよさを訴えたいなら、
そもそもスーツを着なければ良かったのにね
「ボードってのはかっこよくなきゃダメだろ?
 こんなダサいスーツを皆と一緒に着るなんてオレ的にありえない」
と宣言してればまた違ったのに
それで五輪委員のオジサン達がキレて五輪に出場させなかったとしたら、
「五輪のために魂は売れない」
って言ってもカッコがついたと思う

会見の態度もプロ失格
本当にプロなんだったら、
仏頂面で嫌々謝罪なんかしないで、
「オジサンはおれの服装ばっかり見てるけど、
 よい子のみんなはオレのプレーを見てボードの素晴らしさを堪能してね」
ぐらいの突き抜けた発言をしてほしかった
トリノの時は「国母のフルコースを召し上がれ」とか言ってたのにね
残念

橋本聖子が出しゃばって責任問題を引き受けてくれた辺りで、
「オレ個人の問題でオレの責任だ。橋本団長が責任を取る必要はない」
とか思って無くても言えば良かったのにね

プレー後のインタビューでもキレていたが、
「最後に手を突いたオレは最高にかっこ悪かった。
 これじゃ何を言われても反論できない」
とか、そういう切り返しもあったと思う


ようするに、
プロとして見られる意識の低さが問題なのですよ

五輪というアマチュア世界の最高峰に挑むんだから、
アマチュア的世界観に飲まれないだけの、
自分のプロフェッショナリズムを確立していかなきゃね

プロとしてみれば、どんな理由であれ、
これだけ報道されるというのはオイシイわけですよ
プロというのは見られてナンボですからね
だから、
「報道のせいで競技に支障が云々」とか言う人もいるみたいですが、
この注目の高さを力に変えられないようであれば、
プロ失格でしょう

たとえば、やくみつるなんかは、
プロのコメンテーターですから(漫画家ですけど)、
ちょっとでも叩ける相手が見つかれば叩くわけですよ
それなら、と、
叩かれた側も上手にやり返さないと
ベビーとヒールがお互いにディスしあうから、
業界が盛り上がるわけですよ
実際、国母騒動がなければ、
上村愛子がメダル逃した時点で五輪への関心が遠ざかってましたよ



プロ選手も、
関係者も、
報じる側も、
見る側も、
プロスポーツリテラシみたいなものが欠如してると思う
言い換えると、
プロレス脳が弱い
プロレスはリングの中だけじゃないように、
すべてのプロスポーツは競技場だけじゃないんだよ


アマ選手ってのは、
とことん勝負論で良いんだけど、
ってかアマ選手が「国民の期待云々」ってのはむしろお門違い

でも、
プロはそれではダメだよね


PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]