忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1573] [1572] [1571] [1570] [1569] [1568] [1567] [1566] [1565] [1564] [1563]
プロレス熱がうずいてきて、
子供が産まれると生観戦もおあずけだなぁとか思って、
そうなるといてもたってもいられなくなって、
ヨメに確認メールを送って、
両国まで行ってきました

当日券1階枡席5000円で入場
赤ライオンTシャツ2500円購入
15時開始時点で会場は8割は埋まっていた
nWoのTシャツを着た人もちらほら
煽り映像がすばらしく、
過去のG1の名場面をフラッシュで流している
蝶野、橋本、武藤
90年代の盛り上がっていた頃ですなぁ

カード紹介
人気は真壁、棚橋、潮崎、小島、中邑、永田という感じ
外様が意外と受け入れられている

第一試合 永田vs裕二郎
一発目の張り手を食らって死んだふりの永田さん
息を吹き返すも最後はムーンサルトに沈没
ぺろっと負けてしまう永田さんはもはやネタレスラーだね

第二試合 中邑vs潮崎
初めの10分は中邑がぬるぬると動く
一点攻撃でもなく、激しい打撃でもなく、
ただヘッドロックをしたり、突然額を付き合わせたりしながらダラダラ
この時点で引き分けが見えてしまった
中盤は潮崎がチョップやヒザ攻めで試合を作る
終盤、潮崎の決めにいくラリアットを飛びつき腕ひしぎで返した、が、
25分以降はどう見ても引き分けコースでダラダラ
潮崎は小橋ムーブ多発ながら上手くなってきた印象
中邑は最初から最後まで試合を作ることができなかった
潮崎なんて右腕一本なんだから腕攻めぐらいしてほしいものだ
22日のNOAHで時間無制限のシングルらしい
これはなんと期待できないカードなんだ・・・・

第三試合 後藤vs小島
勝った方が決勝進出
会場人気は圧倒的に小島
小島は手術した左肘が相当悪い様子
しかし不器用な小島は得意な「いっちゃうぞコンボ」を右ではできず、
左で繰り出しては自分で痛がっている
なんじゃそりゃって感じ
後藤が一通り技を出し切った後で小島ラリアット
小島決勝進出、会場爆発

第四試合 矢野vsプリデヴィ
プリちゃんが柵越えトペ
その後はタイガー服部失神の間に悪いことして、
矢野がとる
まぁそんなもんでしょう

第五試合 中西vs内藤
中西はたたずまいが凄まじい
内藤は「中西の肉体にたじろぐ」ムーブを繰り返し、
試合を作り上げていく
すごく上手い
しかし中西は動きがいずれも滑稽で、
せっかく内藤が作ってくれた雰囲気を壊していく
これじゃぁトップに立てないよね
最後は内藤が頭を使った勝利

第六試合 真壁vs棚橋
チャンピオンvsエース
事実上の決勝
棚橋の気持ち悪さが出て良い味わいながら、
最後はさっくり終了
棚橋決勝進出
試合後田中将人が乱入し真壁に対戦表明
しかしチャンピオンとは言え、
リーグ戦で敗退が決まった相手に対戦表明というのも、
ちょっとどうなのって感じ

第七試合 外人+亘
ストロングマンの筋肉アピールが続くのだが、
明らかにバーナードの方がでかいのであまり説得力がない
カールアンダーソンとバーナードのコンビは面白ムーブをいれつつ、
説得力のある連携も繰り出せる良い外人タッグチャンプだ
亘、誰それ

第八試合 長州・マシン・AKIRA vs 天龍・川田・タイガー
天龍組はタイガー・川田・天龍の順で個別に入場
タイガーにはブーイング
身内でこんなに嫌われているベビーもいるのね
川田はすっかり毒気がなくなってラーメン屋のオヤジの様子
サンダーストームで入場する天龍はやはりカッコイイが左足がかなり重傷の様子
長州組はパワーホールで全員スタスタと入場
長州が先発を買って出て、天龍が受けて会場爆発
しかし足が痛く動けない天龍相手にプロレスを展開できない長州
サソリに入ってみるも天龍が重傷すぎるので遠慮してほどいていた
その後はそれぞれが得意なムーブを出して、
天龍は足をひきずりながらグーパンチ→チョップのコンボで会場を盛り上げる
長州はクソタワケ!と叫ぶストンピングのみ、ラリアットはなしで終了

第九試合 決勝 小島vs棚橋
会場に轟くマーシャルアーツ
突然の蝶野入場で会場爆発
小島決勝だし、天山も呼び込んでセコンド!?とか思ったけど、
普通にパチンコスポンサー対応要員だった
選手紹介と選手権試合宣言をして帰っていった
入場後も会場人気は8:2で小島優位
試合開始
棚橋は小島の痛んだ左肘に攻撃し、
さらに右腕にも腕ドラゴンスクリューを連発
しかし小島は本当に痛い左肘ばかり気にして「右も痛いよ」ムーブをしない
なんて受けられないレスラーなんだ
終始試合を作った棚橋をラリアットで沈めた小島が勝利
会場大爆発
大小島コール
リング上インタビューは「ファンのおかげ」ばっかりで気の利いたコメントはなし


意外な結末
当初のブックではAは棚橋でなく丸藤が決勝に進んで、
小島vs丸藤だと小島に新日ファンが肩入れ、って展開だったのかと邪推
とにかくこの段階で小島相手に棚橋が寝るのはどうなの!?って感じ

ちょっと今後が読めない
IWGPは真壁vs田中が先か
小島はNOAHなどで出稼ぎしてからIWGP?
田中vs小島でIWGPというのは考えにくいよなぁ



しかししかし、
やはり生観戦はいいね!
大変楽しかったです!

 
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]