忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1695] [1694] [1693] [1692] [1691] [1690] [1689] [1688] [1687] [1686] [1685]
本当はまったくの私信だけども、
ココに載せてしまおう
そしてもちろんいつも通り、
自分のことは棚上げですよ

 
 
「せっかくドクターを取ったんだから」って、
一見すごくもっともらしいけど、何の理由にもなってないよね
そんなこと言ったら、
ほとんどの会社の業務なんて大卒だろうが中卒だろうができることだし、
たとえば英検1級を持っている人が、
「英語を活かせる仕事じゃなきゃ嫌だ」って言ったら、どう思う?
ある資格を持っていることなんて、
その人の一側面でしかないよね
 
「自分は会社生活に向いてない」って、
会社に入ったことも無いのに、なんで言えるのかな?
小学校から今まで、
学校でしか生活したことないのに、
「会社での生活」をわかったつもりになってない?
「見ただけ」でわかったつもりになってない?
 
「研究が楽しいから」って、
「科学が楽しい」と「自分が研究をしていて楽しい」は、
まったく別の次元の話じゃない?
それって、
お笑い好きだから芸人目指すとか、
カラオケ好きだから歌手目指すとか、
そういう人達と同じ次元じゃないか?

「好きなことを仕事にできる幸せ」って、
仕事ってものを勘違いしてない?
本当に好きなことを仕事にしたら幸せになれるか、って考えた時に、
違和感を感じないものなのかね
「仕事」の「仕事としての側面」をもっと考えたら?
もし「研究をしているのが楽しい」のだとしたら、
「わからなかったものがわかるようになる喜び」だったり、
「自分で立てた計画で物事がうまく進んだ満足感」だったり、
そういうのって、研究以外でも十分に代替可能なんじゃないか?
 
「科学に携わっていたい」って、
じゃあ研究者じゃなくても良いんじゃない?
テクニシャンでも、研究船の船員でも、研究所の事務職でも、
テレビ局でも、新聞記者でも、役所でも、一般企業でも、
いくらでも「科学周辺の仕事」はあるでしょ
 
「この先、研究者を続けられるかどうか」って、
研究者になる前に考えなかったの?
それって今さら考えること?
「研究遂行能力的に厳しい」って自己評価してるんだったら、
今すぐ諦めた方が良いよ
きっと今後、今よりももっと大変になるんだから
 
「今から頑張ってやるしかない」って、
毎回そう言ってるけど、
じゃあ実際、何をどうやって現状を打開するつもりなの?
それってただ判断を保留しただけじゃない?
具体的な方策とか、指針とか、短期的な到達点とか、
そういうものを設定できていないなら、
しばらくして気持ちが萎えたらまた同じ悩みが持ち上がってくるよ
 
「中途半端に辞めたら今の職場に迷惑がかかる」って、
今まさにそういう中途半端な精神状態で職場に居続けていることはどう考えるの?
居続けても迷惑かけてるんじゃない?
「与えられた仕事を遂行する」という意味だったら、
それは「あなたじゃない誰か」でも代替可能じゃない?
「席が空くなら座りたい人」は行列を作ってるんだよ?
 
「自分は頭が悪い」って、
その悪い頭しか持ってない自分一人で考えても、
大した結論は導き出せないんじゃない?
それは結局、自分の殻に閉じこもってしまっているんじゃない?
謙遜とか卑屈とか、そういうものを脱ぎ捨てて、
生身で真剣に、「人生」とか「今後」とか、
そういうことを「大人」と語っていくことはできないのかな?
そうしないと、
いつまでも「頭の悪い自分」との稚拙な問答が続くよ


以上、
まぁ本当はこんなところに書くよりも、
面と向かってじっくりと話した方が効果があるんだけどね 
「対話」には、
文章にする段階で削ぎ落とされる「何か」があって、
大抵の場合、その「何か」の方が重大な意味を持つよね
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 6 7 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]