忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1862] [1861] [1860] [1859] [1858] [1857] [1856] [1855] [1854] [1853] [1852]
8月6日はいわゆるヒロシマの日です。

戦争のない平和な世界に思いをはせる日を持つことは,
それで意味があると思います。
とはいえ,
オシム爺に言わせれば,
「戦争から教訓を得たら,戦争が必要だったということになってしまう」
わけで,
ヒロシマがあったから,ではなく,
日々の生活の中で絶えず平和な世界を願っていたいモノでもあります。

以前,石破茂の本だったか,出典は忘れてしまいましたが,
とにかく政治の世界の人の言葉で印象に残っているものがあります。
それは,
『「唯一の被爆国」という言葉/ロジックは,まったく受け入れられない』
ということです。
これはボクの直感とも一致します。

日本が「唯一の被爆国」であることが,
たとえば「核兵器の廃絶」や「核の平和利用」を訴える上で,
本当に意味があることなのでしょうか。
ボクはそう思えません。
たとえ日本が被爆国でなくても,
平和を思う気持ちから「核兵器の廃絶」を訴えることの意味や価値は,
まったく損なわれるものではないと思います。

そうであるにもかかわらず,
「唯一の被爆国」ということを,日本が自ら訴えることに,
どういう意味があるのでしょうか。

たぶんそれは,現代日本に蔓延している,
「弱者の声こそ聞くべき」
「私は弱者である」
「だから私の声を聞け」
という三段論法の正義なのだと思います。

でも,世界から見て,
核大国アメリカの軍事力の庇護下にあり,
原子力エネルギーを大いに利用し,
戦後の混乱を脱し先進国として確固たる地位を築いている日本は,
少なくとも弱者ではないし,
つっこんで言えば,
「本気で核廃絶を願っているとは思えない」
でしょう。

本質的な部分を見つめると,
核廃絶の理念の真意は,
「核」の放棄ではなくて,
「大量破壊/殺人兵器」の放棄なのだと思うのです。
つまり,
他の国では今なお戦争状態にあり,
いつ大量破壊兵器の引き金が引かれるかわからない状況にあり,
現実に今日もまた人が殺されている現実があるわけで,
そんな状況下で,
「日本は唯一の被爆国」
という言葉からは,
魂を揺さぶるような訴えを感じることができないだろう。

もちろん,個々人の思いとして,
被爆経験から核兵器や戦争を憎み,保障を求めることは,
この論とはまったく別の次元で存在してかまわないと思うし,
ボクは現実を把握できていないけど,
心を配っていくべきことだと思う。

話が行ったり来たりしてきた。

とにかく,
ボクが言いたいことは,
「唯一の被爆国」とか「非核三原則」とか,
そういう目先の事象を掲げるのでは無くて,
「誰もが誰かに殺されることの無い世界を」
ということじゃないか。
細かく言えば,
「人が殺される」
というのは生物学的なものを超えて,
「人格を否定する」
ような社会的なことも含まれる。
これが戦争や兵器に対しての立場や経験を超えて宣言できる真理であり,
それこそ「ヒロシマの日」という機会に,
真剣に考えたい世界の未来なのではないだろうか。


最後に蛇足とわかっていながら書き記すと,
ヒロシマの日において,
「唯一の被爆国」と並んで「原発事故」を言い立てて,
あげく「原発廃止」を訴えることは,
はっきり言って,冒涜だ。

PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]