忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[867] [866] [865] [864] [863] [862] [861] [860] [859] [858] [857]
K-1 MAX 2008をテレビ観戦
すごい興行でした


準決勝 魔裟斗vss佐藤
回転数と左右下からのコンビネーションでひたすら殴り続ける魔裟斗
まっすぐなジャブと前蹴りを出しつつ接近戦ではヒザを出す佐藤
2Rから魔裟斗の飛び込み左ジャブが面白いようにあたり始める
しかし身長差のため身体が伸びきった状態であたるジャブはそれほど深いダメージには至らず、
佐藤は嫌がりながらも冷静に試合を進める
この構図のまま進むかと思ったが、
ラウンドごとのオープンスコア制が勝負を加速させた
2Rまでの劣勢が判明した佐藤が3Rからグイグイ前に出て打ち合い
単打が数発入った後にきれいなワンツーで魔裟斗がダウン
しかしすぐに立ち上がる
逆に後がなくなった魔裟斗も前に出てさらに回転数をあげる
判定はドローで延長へ
延長ではどちらも決定打はなかったが手数で勝る魔裟斗が判定勝ち、決勝へ

決勝 魔裟斗vsキシェンコ
両者ともに準決勝で4R戦っており決勝は消耗戦に
ダメージの残るローを攻める魔裟斗
頭部を狙い一発KOをもくろむキシェンコ
先に結果が出たのはキシェンコ
キレイに入ったパンチで魔裟斗がひざから崩れ落ちる
かなり危ない倒れ方
しかし魔裟斗、何事もなかったかのように立ち上がる
ここから魔裟斗
倒さなければ勝てない魔裟斗はそれまでのローを捨て、
近い距離で頭部狙いのラッシュ
胸を打つラッシュで判定をドローまで持ち返した
延長ではポイントがリセットされるため、
離れてローを狙えばすんなり勝てたかもしれないが、
魔裟斗はとにかく懐に入ってラッシュをしかける
延長の判定は攻めきった魔裟斗

とにかく魔裟斗の攻める姿勢がすごい
二試合で二度のダウン
3R合計30点でダウンで2点をロスしながらも判定をドローに持ち込めたのは、
前に出て打ち合ったから
離れて有効打を重ねていてもだめだっただろう
いやすごい
感動

大晦日は魔裟斗しかないね
相手は誰がいいかな
サワー?
ブアカーオ?
佐藤?
体重度外視なら、
バダハリ戦が見たいけどね



お通夜のお寿司がむちゃくちゃおいしかった
さすが
合掌
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 6 7 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]