忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148]
GPWA
グローバルプロレスリングアライアンス、らしい
なんともダサい感じの名前ですが、まぁいいです
理念としては、プロレス界全体の反映のために、
大団体(NOAHやZERO-ONE)や小団体(DDTやK-DOJOなど)が徒党を組み、
・日程の調整(少ないプロレスファンのパイの取り合いにならないように)
・会場や道場の共同利用(少人数だと維持費が大変)
・保険加入の促進(レスラーは怪我をするのが仕事なので入りづらい)
などをやっていこうという、連盟
各団体の行動を制約するものではなく、単なる連盟だという
今回は、その連盟加入団体の顔見世興行

では、観戦記
交流戦・対抗戦
そのレスラーが各団体で扱われている「格」に、
団体間の「格」が掛け合わさって変な感じ
各団体ではベルトまいてる崔や勝彦よりも、
NOAHでは病み上がりのペーペー潮崎の方が「格上」扱い
うーん、なんだろうか
みのるや高山も、大物扱いにアグラかいて、NOSAWAで遊んでる感じ
もっと若いヤツラに胸を貸してやれよ
第一試合も、青木みたいなペーペーが高西いびり役
なんか違うんだよなぁ
全体的にも、ギクシャクした仕事っぷり
やっぱ団体のテンポがあるからねぇ、やりづらそうだし、
見てても、キツイ
交流戦はレベルの高い人同士でしないとね

団体提供試合
エルドラド
 最悪、技を見せたいだけ、単なるサーカス
DDT
 ディーノ押しだったので評価は難しい
 とはいえ、存分にDDTを見せ付けていたのではないか
K-DOJO
 “ザ・ハンサム”JOEについては賛否両論のようだが、個人的にはイイ
 好意的に見ていれば、あの「間」はたまらんだろう
 噂の雪崩式ブレインバスターも色気が漂う
 一度、生で見てみたい選手だ
 丸藤vsJOEなんてステキだろう

ということで、次回からは、
交流戦は大物vs若手の構図
団体提供試合は団体を象徴する活きの良い選手の6人タッグ
がいいなぁ

次は生で見に行きたいな
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]