忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1804] [1803] [1802] [1801] [1800] [1799] [1798] [1797] [1796] [1795] [1794]
だってさ、
そんなもん、
理論的に存在し得ないじゃない

政府側、反政府側
原発推進、反原発
理詰めで考えたとて、
どちらにも一理あるのに間違いない

だから、
第三者ってのは、
「両方の言い分に一理ありますなぁ」
としか言えない
仮に、第三者機関が、
「こっちの道に進むのが確からしかろう」
と言ったら、
逆の道を推している人達は、きっと、
「あぁ、あいつらはあっちとグルだったのか」
と言うだろうね

そもそも、
「信頼できる」ってのは、何かと考えた時、
大体の場合、
それは「看板」の力なのよね
「東大」とか「政府委員会」とか「要職を歴任」とか、
そういうやつ
つまりは、すでに「何か」の属性を強く帯びていることになる

一方で、たとえば、
「反原発だったから閑職におかれいまだ助教」
とかいう人が出てきても、
「本当に意見の相違だけで助教なの?実力がないからじゃ?」
という疑問は、たぶん証明することができず、晴れない

つまりまとめると、
実力のある第三者->純粋に第三者である場合は皆無
実力のない第三者->信頼性の部分に問題あり
であり、
実力があり真に第三者である人がいたとしても、
どちらかの判断を下した際に、
事後的に、
「やはりアイツは・・・」
と言われることは回避できず、
結局、信頼できる第三者なんてものは存在し得ないのですよ

だから、
「信頼できる第三者機関の設置を」
という発言は、
そのまま、
「私は社会のことがわからないアホです」
と読み替えることができるだろうね

また、
「信頼できる第三者機関」を作り上げて、
裏で利益誘導を謀ることこそが、
「政治手腕」というものであることも、重要な事実であろう

IAEAの日本人職員は、
外務省・経産省・東電などからの出向者がほとんどだという噂
だとすると、
「核の番人IAEA」はまったく第三者機関ではない
ってか、
「どうやったらIAEAの職員になれるかな?」って考えれば、
どう考えても、そのルートしかないよね


PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]