忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[919] [918] [917] [916] [915] [914] [913] [912] [911] [910] [909]
相手が弱すぎたこともさることながら、
日本もしょぼすぎて、
もう、まったく見る気が沸かない試合でした

日本はガンバ勢がACLのため不在、海外組も呼ばない、
というメンツ

守備も攻撃も、
まったく連動性がない

守備では達也が走り回っているのだけど、
たぶんチェイスの位置が高すぎて、
続くはずの中盤はボーっとしている
これは中盤も悪いのだけれど、
ただガムシャラに前から行くだけ、というのも悪い気もする
だとすると、悪いのは監督なんだけれどね・・・

パスは足元へ、出したら立ちっぱなし、
ボール持ったらとりあえず前に行って、
詰まったら苦し紛れのパス
これでは組み立てもクソもありませんよ
ボールを落ち着けて配球を考えていたのはケンゴとアベだけ
アベも基本的にはロングキックなので、
攻撃はどんどん大味に
相手がザルだからって前線は張り付きすぎ


ということで、
岡田ジャパンの限界を感じました
結局、岡田は何もやってないんです
作戦:俊輔と遠藤
だったんです
もう、やりきれないっす
はやく退陣してください


【追記】
4-2-3-1を貫くのであれば、
「3」には縦にいくFWではなくバランスのとれるMF的な選手を三人並べた方が、
システムとしてうまく機能する感じがしますね

「3」に大久保・玉田・岡崎・香川よりも、
チュン・エンド・ケンゴ・(稲本)などです
「2」には啓太・萌・長谷部・アベ・を(あ、レッズばっかり。明神もいれて)
これであれば、
両サイドともにイケイケでも良いかと
つまり、内田-ヤスダ-ナガトモあたりの組み合わせでも何とかなる

最後に、
「1」として平山が開花することを、まだ期待しています
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
10 12 13 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]