忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[924] [923] [922] [921] [920] [919] [918] [917] [916] [915] [914]
アウェーで3-0
結果はすばらしい
結果は、ね・・・

もちろん親善試合なんかではなく、
本物のW杯予選なわけだから、
結果が出ればなんの問題もないわけです
ですが、ねぇ、、、


試合で爆発力を見せたのはタツヤ
前線からの守備
裏をうかがうオフボールの動き
持ったときのドリブルでの仕掛け
シュートを打つ意識
本当に胸を打ちます

チュンもがんばってました
ダイナミックに動きながら決定的な仕事まで

他の選手についても、
さすがに最終予選だけあって、
サボることなくプレーしていたと思いますよ



でもね、
チームとしての輪郭は見えないんですよ
あくまで個々ががんばっている感じで、
「こうやって崩そう」とか、
「試合のペースを落とそう(あげよう)」とか、
そういう「支配的な試合運び」を全員で共有しているようには思えないのです

それはつまり、
「岡田日本」というスタイルが、
選手選考では強烈に主張するくせに(香川とかウッチーとか)、
戦術としてはあらわれないということなんです
なんだかなぁ、です



今朝の試合の範囲で、ですが、
やはり大久保とタツヤの重複が気になります
大久保はゴールハンターとしては日本でもトップクラスなのですが、
通常の場面ではタツヤほど爆発的に動くわけではなく、
守備に全力を注ぐわけでもない
つまり、トップで使わないのであれば必要ないのではないか、と思うわけです

次に守備的MFコンビ
「長谷部の縦」はこのチームにもっとも大きなダイナミズムを与えていて、
長谷部はもはや不可欠な存在でしょう
一方、そのせいで(?)、相方のプレーエリアが制限されるという部分もあります
フォローのために残っている必要がある、ということです
このためか、この試合では、
遠藤があがっていきチュンとからむ、
というようなプレーはほとんど見られませんでした
これは非常にもったいない

現在のシステム、つまり、
「チュンを中心に長谷部の縦を活かす戦術」
では、負の側面として大久保と遠藤が活かされていません
やはり大久保の位置に遠藤を上げ、
守備的MFにアベ(守り重視)もしくはケンゴ(攻め重視)を置くのが良いのでは


何はともあれ、
これで本番がグッと近づいたので、
ヨシとしましょうか
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]