忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1366] [1365] [1364] [1363] [1362] [1361] [1360] [1359] [1358] [1357] [1356]
 前半だけで寝てしまいました
自作したカレーが上手すぎて食べ過ぎたのと、
ぬくぬくとコタツで観戦したのが原因です
だからプレビューしたわりには岡田にツッコミを入れられません


前半は今野が広範囲を守備に奔走したおかげで、
遠藤が真ん中低めに位置取ることができた
また今野が守ってくれるから遠藤自身が飛び出していくケースも多かった
ボクはボランチ遠藤+今野に可能性を感じました
やはり遠藤の相方には守備的な選手が合います

むしろ小笠原と遠藤については、
距離が遠すぎたり近すぎたりして、
この二人の間での効果的なパス交換が少なかったのが気になりました
やはり相性悪いなぁ
遠藤中心で行くなら小笠原は無しかなぁ

で、後半
out今野 in平山って何よ
はじめて試した遠藤今野がうまくいっているんだからもう少し続けようよ
せっかく後ろでのパス回しが安定しているんだから、
むしろout小笠原でin平山でしょう

この辺りで睡魔にやられた

会見文を見た限りでは、
out小笠原in稲本で、
遠藤を一列高めにしたところで"リズム"がうまれた、らしい
見てないから何とも難しいが、
ボールが足下に収まり捌ける平山と、
上がってきた遠藤の距離が近づいたからではないでしょうかね
遠藤→平山→遠藤→外→内という展開が想像できるが、どうでしょうか
とにかく"遠藤を二列目に据える"というのが岡田リズムのキーポイントのようなので、
それを採用する方向で考察した方が建設的っぽい

平山の事を長身でヘッドが云々というヒトがいるが、
平山のウリは長い手足をいかした懐の深い、しかし意外と上手い足下だと思う
キープして散らすのがうまい
あと何気にポジショニングも良い
しかし前線での競り合いを期待するのは間違ってる
それなら巻の方がいいだろう(ヤノキショウはウイングだしね)
デカイ→競り合い強い、という、何とも安直な発想は良くない

ということで、
別に稲本のワンボランチがファーストチョイスという風にはならないんじゃないか?
遠藤を上げたことが良かっただけで、
稲本がワンボランチだったのがいいわけではない
また、
もし攻め込まれる展開になったら、
トリオ・内田・長友が攻め上がるディフェンスラインでは、
稲本一人でフォローするのはムリがあり、
結局遠藤がバランスのため戻って守備に奔走しなければならず高い位置に留まれないだろう
今日の"リズム"が得られた原因を「遠藤が前にいられたから」とするならば、
サイドバックは攻め上がり系(長友内田)ではなく、
むしろ守備パサー系(今野阿部長谷部?)にするのが良いのでは?
そうすると、稲本みたいな対人の強い選手よりも、
バランスの取れるタイプが好まれる気がする

あと大久保は香川でも金崎でもいいと思う
大久保は昨日も相手にキレまくりでファウルトラブルが怖い

現在のメンバーで、
これまでの三試合を分析して、
岡田さんの言う"リズム"を生み出せそうな岡田布陣は下記じゃないかと思います

---平山---
中憲-遠藤-玉田
--今野稲本--
長友トリ中澤駒野

なかなか良い線いってると思う(自画自賛)

でも個人的な希望としては、

(平常時)
---平山---
長友-中憲-金崎
--今野遠藤--
阿部トリ中澤駒野

長友は切り込んでミドル打てるしスタミナ無尽蔵だから、
サイドバックで長距離上下走りより、
一列上げてカミカゼチェイス+ミドルの方がフィットするのでは、と思う
金崎と中憲はいずれもJリーグで見ていてもミドルのタイミングが良いし、
パスをつないで切り込むこともできる
左サイドが駒野長友では駒野が活きそうに無いので阿部にしてみる
ちなみにこのメンツでそのままパワープレイも可能

(パワープレイ)
--平山トリ--
長友中憲遠藤金崎
-阿部--駒野-
--中澤今野--

さぁ、韓国戦
前日会見で岡田が予防線を引くかどうかが見物です
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]