忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1362] [1361] [1360] [1359] [1358] [1357] [1356] [1355] [1354] [1353] [1352]
オフト…
ラモスとかに反感買うも柱谷を中心になんとかまとまる
ドーハ後は潔く辞任。立派だった。津波の怪我が悔やまれる

ファルカン…
明らかにスクラップアンドビルト中に韓国に負けたら即解任。
ただ、選んでた選手も的外れだった感もある。協会曰く「外国人はコミニケーションが」

加茂…
とりあえず、96年まで任せて後は、オフトとファルカンと比較すると言う謎のシステムを当所採用
結局はアジアカップの敗退で加藤久がネルシーニョを押すも続投「腐ったミカン」
アジアカップでビビって3バックに変更し、プレスとサイド攻撃が機能しなくなり更迭
あれ、長沼さんは加茂が辞める時は一緒に辞めるのじゃなかった?という問いには
「売り言葉に買い言葉だった」なにそれ…

岡田…
本大会は別の人が指揮とる説も強かったし、ジーコのベンチ入りも具体的に進んでいたが
それは本人が拒否(ま、当然だろう)
なぜか2002年までオファーされるもそれは断ったのは立派
やたら、カズの話は根強いがあの頃のカズって本当に酷かったよ…

トルシエ…
強化推進部長は「自分がトルシエを選んだわけじゃないし、辞めてもらいたい」臭がプンプン
朝日のリーク記事等gdgdに巻き込まれるが、岡野の英断で契約延長。岡野は立派だった

ジーコ…
もうね、どうでもいいよ

オシム…
名前優先じゃない人選は評価に値するが、代表で機能するのか最後まで怪しかった気がする

岡田…
他に居なかったから


トルシエの舞台裏みたいなのは、
6月の」もあるし、youtubeにも転がっている
そこで明らかにされていることは、
成果云々ではなくて、
トルシエが本気で日本サッカーを良くしようとしていたこと
それだけは間違いない

オシムについては、
言うまでもなく良くしようとしていた
あのお爺ちゃんは日本だけでなく、
もっと純粋にサッカーというものの素晴らしさを追求していますからね

一方で、
ジーコにはそういう"熱さ"はあったのだろうか
岡田にはあるのだろうか
いわゆる一流監督(モリーニョとかグァルディオラとか)の試合後コメントは、
チームの発展やメンバーを守る、あるいはファンの気持ちを惹きつけるために、
時に、はぐらかしたり、本心では無いだろうことを言うこともあるが、
岡田の場合は(それを意識しているのだろうが)まったく成功していない
むしろ非常に客観的で、
”熱さ”が一切伝わってこない
それがライト層にも伝播して、代表離れが加速しているのではないだろうか


ちなみに東アジア選手権の中国戦を見ましたが、
サイド攻撃で崩している」なんてものではなくて、
「遠藤がサイドの守備に追われていて、
バックラインから真ん中を中心に組み立てることができず、
サイド攻撃以外に選択肢がなくなっている」
だけであって、
「バランスの重心がサイドに寄ってしまっているから、
たとえサイドを崩したとしても中に誰もいない」
という状況なだけです

CB2枚+ボランチ1枚か、
CB1枚+ボランチ2枚か、
いずれにせよそこの3人で落ち着いてボールを回せないと、
しっかりとした組み立てはできない
現状、
中澤は足下不安、
トリオはすぐにロングフィード、
稲本は細かいステップワークが苦手
遠藤はサイドの守備に奔走、
なのでまったく機能していない
だから仕方なしにサイドからの攻撃のみになってしまうのでしょう
困ったものだ


PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
7 10 11
13 15 16 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]