忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1491] [1490] [1489] [1488] [1487] [1486] [1485] [1484] [1483] [1482] [1481]
スカパーをつけたらやっていた
感想
ワクワクできました

もちろん12年前のサッカーですから、
フィールドの10人はピッチの隅々まで前後左右カンカンに開いてプレーしていて、
連動した守備を敷くわけでもなく中盤には驚くほどのスペースがあるのですが、
(さらにジャマイカに組織が無かったりボールが今より重くてパススピードが遅いなども)
それを差し引いたとしても、
非常に美しいパス回しができていました

フォーメーションは3-1-4-2とでも言いますかね
小村井原秋田の前に山口素がいて、
その前に名波とヒデ、サイドに奈良橋と相馬、FWは城とゴン
 
DFからボールを受けた山口が前を向くと、
あるいはDFから名波やヒデにボールが入ると攻撃がはじまる
基本的にワンタッチで前後の空いているスペースに短く出して、
受け手は前を向きながらボールをさばく
3本つながればサイドの裏を攻略できてクロスはあがりそうだし、
5本つながればゴール前ではフリーの状態ができている
すばらしい

今の代表と直接比較はできないけども、
選手間の距離と前後に揺さぶるパス回しという点では、
圧倒的に98JAPANの方が上手い

1996アトランタや2002日韓と比べるとあまり語られない大会ではあるが、
あらためてどのような戦術だったのかを知りたいと思った次第

今度休みをとって、6月の勝利の歌、を見直そう
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 6 7 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]