忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1398] [1397] [1396] [1395] [1394] [1393] [1392] [1391] [1390] [1389] [1388]
鹿島は三連覇の昨年からOUT本山INフェリペ
大きな変更は無く、成熟したチームで攻守ともに磐石
特に選手間の距離感がいいので、
攻めでは”持てるパスコース”を作り続けられる
だから遅攻で休みながら戦える
カウンターでは常に、
ボールホルダー・先頭ダッシュ・落とし受け・ファーで遅れ気味、の四人ぐらいが絡んでる
だからゴールまでボールを運びきることができるんだろう
コウロキがニアに詰めた一点目
センターでフリーになったマルキの二点目
両方とも出し手と受け手が感じあっていた
フェリペはなんだかよくわからんけど、
交代時にめっちゃハグしてたからきっと良いヤツ
でも鹿遠藤がキレてる感じなので、
鹿遠藤が先発でいいと思います
今年も優勝第一候補です


浦和はまったく組織ができていない
特に引いた時には引きすぎてしまって最終ラインで人が余り、
DFラインの前で相手をフリーにしてしまっている
攻撃についても、
ポンテ内・柏木外の立ち上がりは、
ボールの落ち着くところが無くてさっぱりだった

柏木がセンターに入ってボールを触りはじめてからは落ち着いてきた
これは柏木がボランチに下がった後半は特に顕著だった
細貝阿部はともに対人はいけるし縦に上がって仕事ができるけど、
組み立てができないので二人がボランチで組むと後ろから組み立てられない

エスクデロは持ちすぎ
速攻でもパスしないしフリーランしない
ボールを持っていない時はボールホルダーに近づいていくから、
周辺が窮屈になってパスコースが消える
ダメだこりゃ

宇賀神は積極的に攻撃してたけど、
エスクデロと同サイドだったせいでスペースがなく、評価が難しい
もう少し見守ろう
坪井の足元が相変わらず壊滅的
GK山岸もいまいちなので不安ですな

4-3-2-1にして、
平川坪井(新外人)宇賀神
細貝柏木阿部
ポンテ原口
エジ
なんて形なら機能するのでは
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]