忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[2057] [2056] [2055] [2054] [2053] [2052] [2051] [2050] [2049] [2048] [2047]
幼馴染みであるTATSUO氏がスタイリングをしたという舞台を見てきました。
それ以外の理由はなしに,ただ単にそれだけの理由で。


作品はいわゆる「フクシマ後」を描いたもの。
ある家族(一族)を中心として,
それぞれの「アレ」に対する「考え」と「思い」が行き交う感じ。
本でじっくり読んでも読み応えがあるような,
そんな内容を,舞台でドバーッとたたみかけられた。
自分の中で色んなものが飽和してしまって,
全体に対してこれという感想を述べることが難しい。

これという場面を考えると,やはり,
いろんなことがあって,ぐるぐる頭を悩ませても,
やっぱり最後は「ご飯を食べる」ということ。
「生きる」「生きていく」ってことを極端に純化していった先の,
絶対不可避な結晶が「食べる」ってことなんだって。


あとは作品の中身じゃないけど,
やっぱり「ナマ」は良いな,と。
鑑賞はライブに限るね。


PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]