忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
B組1節
アルゼンチンvsナイジェリア
20年ぐらい前のサッカーか、って感じで、
両者ともに組織感は希薄で、
個々のアイデアで勝負している印象
メッシはキレキレだったが、
ベロンとテベスはなんだかなぁ
1-0という結果は妥当かも
ナイジェリアのGKが当たっていなければ、
メッシが決めていたんじゃないかと思われる
しかし、アルゼンチンは予選突破してすぐ敗退しそう

C組1節
英vs米
イングランドの攻撃がチグハグ
つなぎも飛び出しも連動していない
かねてより懸念のジェラード&ランパードの部分がいまいちで、
前への推進力にならない
ルーニーはディフェンスラインまで触りに行って前線まであがるなど、
チームに動きを出させようとしていたが、
一人のがんばりではどうしようもない
クラウチが入って放り込みをはじめたが、
それ一辺倒ではしょうがない
米としては、コレクティブに守備をして、
わずかなチャンス(と言って良いのかわからんが)をものにし、
引き分けに持ち込んだ
1-1という結果以上に、英に不安と米に希望の残るゲームだったのではないか

 
PR
A組1節
南アvsメヒコ
南アは4-4-1-1っぽい感じで、しっかり守ってカウンターな様子なので、
序盤はメヒコがボール保持しまくってジリジリ攻める展開
しかし最後の部分でなかなか決まらない
南アのカウンターもサイドを攻めるとどうしても数的不利が生じて沈没する
後半からカウンターの通り道をセンターにした南アがペースを掴む
先制点もカウンターから
自陣左サイドから大きなサイドチェンジではなく、ゴールの幅ぐらいで、
ファーサイド→ファーサイドと揺さぶってファーサイドネットに突き刺す
メヒコは超ベテランのブランコが入ってからペースを握る
とにかくブランコがすごい
遠藤がより落ち着いた感じ
ほとんど動かないし、まったくダッシュしないんだけど、 
一歩分の間合いでフリーになり、
一歩分の余裕を持てそうなところにボールを送り込む
メヒコの同点弾も(たぶん)ブランコから
左からファーに放り込んでドン
1-1ドロー
相手が4バックの場合は、
サイドバックとセンターバックの間のスペースに入り込むのが良いのね
勉強になった

A組1節
仏vsウルグ
ウルグアイの3-4-1-2(5-2-1-2)による鉄壁守備に、
4-2-3-1(4-1-2-3)のフランスは為す術無し
ウルグのサイドハーフ(バック?)が上下動し、
さらに3バックのサイドが流れて、
フランスのウイング(リベリなど)と常に2vs1の関係を作り、スペースを与えない
ウルグは前線の3人のみでサイドを使わずカウンター攻撃
決めきれなかったものの、危険な臭いは作れた
ウルグに退場者が出たもののしのぎきる
0-0
ウルグが引き分け狙いのプランであったのなら、完全に作戦勝ち
ウルグの戦い方は日本がオランダ相手に引き分けを狙うなら参考にすべきか


A組はメヒコとウルグが抜けるかも
仏が一番良くなかったように思う
基本的に1日1試合


11日23時00分 南アvsメキシコ  開幕戦だしね

12日27時30分 英vs米  アメリカは勢いあるし好カード

13日27時30分 独vs豪  豪の勝ち残りが次のアジア枠を左右する

14日20時30分 蘭vsデンマ  日本のE組だし
14日23時00分 日vsカメ  日本の初戦だし

15日27時30分 ブvs北朝  今回のブラジルは?

16日23時00分 スペvsスイス  スペインのお手並み拝見

17日20時30分 アルvs韓  予選敗退が決まるかもしれぬ

18日20時30分 独vsセルビア  なんとなく面白そう

19日20時30分 日vs蘭  二試合目かつ山場
19日27時30分 カメvsデン  デンマーク見学

20日 お休みする

21日20時30分 ポルvs北朝  クリロナさん、どうなることやら

22日以降は第3節、 各組の2試合が同時進行
決勝進出のかかる面白い試合をピックアップする予定



わがやにやってきたプラズマテレビですが、
思った以上に見やすく、
快適なテレビライフです

あとはスカパーをスカパーHDに変更すれば、
クリアな映像でJリーグ観戦ができるというものです
2014年の中心選手を妄想しつつ観戦するのがオツですよね
2010年は、もう、あれですから


本田と中田の対談番組を鑑賞
両者の言いたいことは非常によくわかる
よくわかるが、それだけではないとも思う
「個人のエゴを出す」=「パスを出さずにシュート」ではないし、
「ゴール決めな移籍できへん」というのも、極端すぎるでしょう
むしろ「守備を放棄しないとゴールできない」という、
個人能力の低さが問題なのでは?
ルーニーは相手サイドバックの上がりを最終ラインまで鬼チェイスした後に、
今度は自分が攻め上がってゴール決めてますからね
またもう一方の側面としては、
(クリじゃない方の)ロナウドのように89分怠慢でも1分で確実にゴールできるなら、
守備は免除してもらえるのでしょうけど、
アジアレベルでもゴールを決められていないわけで、
それじゃあ守備を免除してもらえるわけがない
要するに、本田はまだまだヘタクソだってこと
それだけですよ


岡田の「戦える選手とそうじゃないのがわかった」という発言の真意が、
「俊輔切り」なのか「本田切り」なのか、
どちらかはわかりませんが、
今の代表チームであれば、
本田切りの方が良いサッカーが出来ると思います
もちろん俊輔の復調が大前提ですけどね
 
「プラズマ」で「フルハイビジョン」という条件で探すと、
ブラビアかwooかの二択に
大きな違いは録画機能の有無

うんうんと考えた結果、
地上波→本体のハードに録画
スカパ→外付けハードに録画
で問題無さそうなので、
wooの42型にした

店頭表示が197,500円の15%還元だったが、
レジ登録価格が変わっていたと言うことで、
171,000円の20%還元だった
これにエコポイントの23,000円バックがあり、
ポイント等で5万円以上をゲットした計算
これでダイソンも買えそう 

そんな大きなテレビ買ってどうするの、
って感じですが、
まぁいいじゃないか
テレビ見るぐらいしか娯楽ないしね
スカパーをつけたらやっていた
感想
ワクワクできました

もちろん12年前のサッカーですから、
フィールドの10人はピッチの隅々まで前後左右カンカンに開いてプレーしていて、
連動した守備を敷くわけでもなく中盤には驚くほどのスペースがあるのですが、
(さらにジャマイカに組織が無かったりボールが今より重くてパススピードが遅いなども)
それを差し引いたとしても、
非常に美しいパス回しができていました

フォーメーションは3-1-4-2とでも言いますかね
小村井原秋田の前に山口素がいて、
その前に名波とヒデ、サイドに奈良橋と相馬、FWは城とゴン
 
DFからボールを受けた山口が前を向くと、
あるいはDFから名波やヒデにボールが入ると攻撃がはじまる
基本的にワンタッチで前後の空いているスペースに短く出して、
受け手は前を向きながらボールをさばく
3本つながればサイドの裏を攻略できてクロスはあがりそうだし、
5本つながればゴール前ではフリーの状態ができている
すばらしい

今の代表と直接比較はできないけども、
選手間の距離と前後に揺さぶるパス回しという点では、
圧倒的に98JAPANの方が上手い

1996アトランタや2002日韓と比べるとあまり語られない大会ではあるが、
あらためてどのような戦術だったのかを知りたいと思った次第

今度休みをとって、6月の勝利の歌、を見直そう
川口!? 
岩政!?
矢野!?

石川 orz
香川 orz
達也 orz
槙野 orz


GK
1楢崎、12川島、23川口 
DF 
2内田、3駒野、4闘莉王、5長友、6阿部、22中澤 
MF 
7遠藤、8松井、10中村俊、14中村憲 
15今野、17長谷部、18稲本、20本田、21石川 
FW 
9岡崎、11玉田、13前田、16大久保、19森本 

バックアップ
DF 
岩政、徳永(or槙野) 
MF 
小笠原、香川、金崎 
FW 
平山、田中達 


というのが幼なじみのTATSUO君の予想
ボクもほぼ同じ
out前田 in田中達 
out石川 in香川 
out小笠原 in小野 
だと思いますが


で、
惜しくも選考外となったメンバーで裏日本代表を考えてみる
俺フィーのリザーブドッグス的な)
23人はしんどいからスタメン+スーパーサブ
岡田JAPANに合わせて4-2-3-1を想定
ボールと人が動くサッカーを標榜
ぶっちゃけ勝てる気がする

GK:権田(F東京)
右SB:市川(清水)
CB:青山(清水)
CB:森重(F東京)
左SB:細貝(浦和)
DMF:那須(磐田)
DMF:柏木(浦和)
右MF:矢野(新潟) 
中MF:山瀬(横浜M)
左MF:羽生(F東京)
FW:柳沢(京都)


大津(柏)
長谷川(山形)
小川(名古屋)
渡邉(横浜M)
佐藤(広島)
を入れたかったけど入れられなかった・・・・




長州「お前これなんだ」

   「なにがやりたいんだコラ!紙面飾ってコラ!」

   「なにがやりたいのか、はっきり言ってやれコラ!」

   「噛みつきたいのか噛みつきたくないのか、どっちなんだ!どっちなんだコラ!」

橋本「なにがコラじゃ!コラ馬鹿野郎!」

長州「なにコラ!タココラ!」

橋本「なんやコラ!」

長州「紙面飾るなって言ってんだコラ!」

橋本「お前が言ったんだろ、この野郎!」

長州「言ったのはてめぇだろうコラ!」

橋本「おい」

長州「なにコラ!」

橋本「いつでもやるぞコラ!お前死にてぇんだろうこの野郎!」

長州「お前今言ったなコラ!」

橋本「おう、言ったぞ!」

長州「吐いた言葉飲み込むなよ、お前」

橋本「それはお前もじゃコラ!舐めとんなよ、この野郎!」

長州「よーし、わかった。お前今言った言葉、お前飲み込むなよ!そんな吐いて。わかったな」

   「中途半端な言った言わないじゃないぞ、お前。わかったなコラ!わかったな!」

   「本当だぞ。本当だぞ。なぁ。噛みつくんなら、しっかり噛みついてこいよコラ。なぁ」

   「中途半端な言った言わないじゃないぞお前。わかったなコラ。わかったな」

橋本「お前にわかったな言われる筋合いねぇんじゃコラ!」

長州「噛み付くんだなコラ!」

橋本「オッサン、舐めんなよこの野郎!」

 
セレッソは家長が先発で、
香川・乾とセクシースリーシャドー
特に家長のデキがすごく良かった
シンプルにさばくもタメを作るも思いのまま
ボールを失わないとわかっているから、
香川が裏のスペースを狙うフリーランニングを炸裂できるわけですね
代表でしか香川を見たことがなくて、
足下で受けてヨーイドンでドリブルするイメージだったのですが、
この日のように裏に抜けつつ受けると良さが引き出されているように思います
元祖セクシーの乾くんは、もう少し動き方の勉強が必要だね
スペースをつく動きが全然できてない

対する湘南は徹底してディレイ&ウェイト
飛び込まず距離を置いて見る
その間に守備ブロックをギュッと絞って囲い込む
家長の散らしにはやられていたけど、
香川の仕掛けはほぼ完封していたのです
しかし、
最後の最後、
ようやく追いついた後の後半ロスタイム
この日、唯一の香川の振り切り成功が決勝ゴール
勝ち点1が手の中からするりと抜け落ちました
悔しいね


ということで、
家長いいよーいいよー
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]