忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1990] [1989] [1988] [1987] [1986] [1985] [1984] [1983] [1982] [1981] [1980]
そんなお題が出されたものの,
まぁぶっちゃけ,いっぺん一緒に船に乗れば,
「ひととなり」みたいなものはおよそ明らかになるので,
「こいつはアレやな」みたいな判断は,
つまり汚い言い方をすれば「人材の値踏み」は,
早々に済んでしまっているようなもの。
さらに狭くて特殊な業界ゆえに,新規参入障壁もそれなりに高いし。

純粋に科学研究の能力での審査とは違って,
大規模研究計画たる調査航海を取り仕切る能力ってのは,
頭脳的な意味の能力よりも,はるかに人間性が重要な要素で,
それも一般的な「良い人/悪い人」という意味ではなく,
「硬軟織り交ぜて」「調整と独断を駆使して」仕事を進められるとか,
そういう部分が問われるものだと思う。

なので,
オジサン達が「がんばれーがんばれー」と言ったからといって,
あらたにそんな能力が開発されるってのは,
正直,あんまり期待できないだろうねぇ。

とはいえ,とはいえ,
そうやって「若手の育成」みたいなことに心血を注がんとするオジサンがいることは,
そのコミュニティの若手にとっては,
大変にありがたいことだなぁ,と感じるわけです。


PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
7 10 11
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]