忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1815] [1814] [1813] [1812] [1811] [1810] [1809] [1808] [1807] [1806] [1805]
高岡蒼甫が韓国に肩入れした番組を多く流すフジテレビに反感を示した騒動
会社は高岡を解雇、フジテレビはスルー

まず何はともあれ、
高岡は業界人で、事務所に所属していて、
事務所の取引先であるフジテレビに無礼を働いたわけだから、
所属事務所としては行動を問題視し解雇するのは当然
自分が確固たる思想を持っていて、
相手の思想がそれと大きく食い違っていても、
会社の看板の下で商売している以上は、
自分の思想は横に置いて振る舞わねばならないのは、
ビジネスの常識です
商売相手の思想がどうにも気にくわないのであれば、
商売からおりて、会社の看板をおろしてから(会社を辞めてから)、
相手を批判すればいいのだ

次に、フジテレビが韓国に肩入れするのは、
ネトウヨさん達が大喜びしているような思想ゆえというよりも、
もっと単純に営業的な意味合いが強い様子
たとえばKARAはフジテレビ系列の音楽会社が著作権を有するらしい
安く買えて高く売れる韓国(人)を利用して金儲けをしているということでしょう
そういう意味で、むしろネトウヨさん的にはフジGJ!なのではないのかとも思う

ただここで重要な点が一つ
高岡はフジテレビが「韓国」を推していることについて、
右翼的な発想で怒っているわけではない
彼は「この国難の時に海外のモノを売り込むこと」について、
異議を申し立てているのであって、
その異議自体は考慮に値するモノである
ようするに、
高岡にとっては「韓国」でも「米国」でも一緒なのだから、
そういう意味では、今回は「8」と名指ししているが、
たとえばメジャーリーグ放送に熱心な国営放送なども、
本来的には槍玉にあがってもおかしくないのである

フジテレビやNHK含めテレビ局が抱える問題は、
(日本に敵意を持っていると考える人もいる)「韓国」を推す思想的な問題でなく、
この国難の時に、
公共の電波利用の認可を得ているメディアとして、
自分たちの営利目的で特定の国・企業に肩入れしている場合か、
今この国で起こっていることの深層を考え、伝えるメディアとしての任を果たしているのか、
という、
倫理的な問題だろう
そして高岡が指摘したのもまた、この点なのではないか
この点でボクは高岡に同意するものだし、
テレビ局にこういう意味での倫理観がまったく欠如していることは明らかだと思う

無料放送のテレビが持つ強い影響力を考慮した時、
対等な立場で意見できるチェック機構があっても良いと思う
一番理想的なのは、
テレビ局同士が相互に(前向きに)批判しあえることなのだが、
その「タブー」に踏み込むのは大変だろう


これは予想であり希望でもあるのだけれど、
経営に行き詰まり広告の取れなくなったテレビ局が、
一気に翻って、広告主の影響を考慮しないメディアになることは、ありえる
スタジオも簡素に制作費を抑え(ジャパネット体制)、
一年中、朝ナマをしているような、
そんなテレビ局が誕生するのではないか、誕生すれば良いな、と
もちろん、
政治経済ネタだけでなく、
音楽やスポーツや芝居や科学や、何でも論じれば良いし、
使用料の発生しない映像などはバンバン利用すれば良し、
有料放送会社と提携するのも手かも知れない
持ち込みのパワポ画像を流しても良い
広告主の意向を気にしなければ、結構なんだってアリなんだ
互いを牽制して雁字搦めにしているBPOだって、この際ムシだ
とにかく、論客だって研究者だって芸術家だって、
「金を払ってでも自分(意見・作品)を公共の電波に乗せたい」ってのはゴマンといるのだから、
そういう意欲的な連中を吸い上げて、拡げることを手伝うような、
そういうメディアがあって良いし、というか、
本来的にはそれがメディアの役割なのではなかろうか

 
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]