忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[2217] [2216] [2215] [2214] [2213] [2212] [2211] [2210] [2209] [2208] [2207]
1つ目。
内藤は『ドームのメイン』に立つことを目標にした。
『ドームのメイン』というのは先人が創ったブランド。
それを消費としたのが内藤。
一方,オカダはその『ドームのメイン』というブランドを高みへ引き上げようとしている。
勝利後のリング上であえて言い放った「まだ空席がある」という言葉は,そういうこと。

2つ目。
内藤は入場時にオーバーマスクを被っていた。
リングにあがってマスクを脱いだ時点でもあらわになっていたが,
マスクを被っている時点から明らかに感涙していた。
感情が高ぶることが悪いのではない。
プロレスとは虚実皮膜。
しかし「実」を隠して「虚勢」を張るということではない。
「実」と「虚」をないまぜにして,客に読ませることこそが虚実皮膜。
生の感情をさらけ出し,さらにその上に虚を塗らなければ。
たとえば,
スターダスト内藤で号泣しながら花道を歩き,
途中でロスインゴの面々が合流,
そこからロスインゴ内藤になって不敵な笑みでリングインするとか。
まぁとにかく,やりようはあったはず。
簡単に言えば「キャラがブレている」ということ。

一方のオカダは,レインメイカーになって以降,
生の感情をさらけ出さないことに徹している。
それが「演劇的」と言われたりもするが,
徹底して「実」を消して「虚」を貫くことで,
客はレインメイカーの中に「実」を探求して遊ぶことができる。


2018年の1.4については,入場時点で勝負あり。
2019年は,どうなる?
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]