忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[2215] [2214] [2213] [2212] [2211] [2210] [2209] [2208] [2207] [2206] [2205]
年末にAbemaTVで「朝青龍を押し出したら1000万円」という企画があった。
「朝青龍」という看板を消費するだけの企画だと思って歯牙にもかけなかった。
しかし年が明けてニュースを見ると絶賛の嵐。

8人の挑戦者が設定されているが,7人は「前座」。
それでも朝青龍は,相撲としての礼を失する挑戦者には厳しくあたる。
インタビューでも繰り返し「相撲は礼に始まり礼に終わる」と,
ネット番組の企画と言えども,土俵にあがる力士として揺るぎない誠意を示す。

千秋楽は元大関琴光喜。
暴行事件の罰として相撲界を追放された朝青龍。
賭博事件の罰として相撲界を追放された琴光喜。
ともに引退相撲の許されなかった2人。
両者とも入場からうるうる。
朝青龍はそれまでの稽古回しから黒一色の締めに変えてきた。
時間いっぱい。
左手を掲げてからの,まわし「ドンッ」。
立ち会い。前座7人とはまったく違う当たり。
低く入り鋭く寄せる朝青龍の寄り倒し。
感極まるといった表情で勝ち名乗りを受け,間を置いてからのガッツポーズ。


朝青龍「汗と肌がぶつかってる感じが,本当に夢に出てくること。相撲はこれで人生最後。おわかれ。人生に残った相撲へのアレ,夢に出てくることとか,相撲を愛したこととか,この土俵に残して,本人ダグワドルジに戻ります」

琴光喜「これで気持ちよく引退できました。自分としては引退ですけど,子供達に夢を継いでもらって,自分を超えるように指導していきたい」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「これこそが人生だ」と夢中になって取り組んでいるものを,
ある時に突然,誰かに奪われてしまう。
その火種としての「私の非」があったことは事実であろう。
でも「奪う」のは「誰か」の判断である。
「誰か」が集団を形成して「私」を罰する。
そういうことが,この国では,多すぎる。

私刑はあまりに危険だ。
法と,法に基づく裁きに委ねる必要がある。
「目には目を,歯には歯を」

PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]