忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1880] [1879] [1878] [1877] [1876] [1875] [1874] [1873] [1872] [1871] [1870]
「海外組だからって理由だけで呼ぶのはいかがか」
「試合に使わないなら呼ぶなよ」
みたいな意見がある。

はっきり言って,ナンセンスだ。
まずは後者の意見。
そもそも試合に使える人数は限られていて,
招集23人に対して親善試合でも17人。
たとえレギュラー組を呼ばなくても,
使われない選手というのは必ず発生する。

それでもザックが招集するのはなぜか。
視聴者は試合しか見られないから「意味ない」というが,
ザックからしたら手元において数日練習できるので,
たとえ90分の試合に1秒も出ていなくても,
十分な意義があるわけだ。

結果が出ていない海外組を呼ぶのも,
ここにカラクリがあると考えれば話の筋目が通る。
まず,
ザックは彼らのかつての(Jリーグでの)パフォーマンスから,
ベーシックなテクニックなどには大きな信頼をすでに持っている。
一方,
彼らは海外のクラブで試合に出ていないからこそ,
現状のフィジカルやインテリジェンスについては,
練習に呼んでその状況を確認する必要がある。
もっと踏み込めば,
海外でうまくいっていない理由を代表の練習で掘り起こし,
指摘し,修正してやることで,
クラブに戻った時に活躍できるようにしてやろう,
それで良くなれば中期的な代表の強化につながる,
そんな意図が働いているのかもしれない。

そこでJリーグで活躍しているけど代表に呼ばれない組だが,
彼らの場合はJリーグでずっと出場しているので,
ザックは手元に置かなくても,
試合をしっかりと観察していれば,
能力や特徴が手に取るように把握できる。
さらに所属チームで選手に課されているタスクも把握できる。
これがザックの作ろうとしているチームで期待するタスクと違う場合,
すでにうまくいっている「型」が選手にあるだけに,
代表でまったく異なる任を負わせ不調に陥るというリスクが大きい。

とか考えると,
宮市や宇佐美や森本を呼んでいることや,
寿人や闘莉王を呼ばないことは,
別になんら不思議じゃないし,
それでもってザックをダメ監督というのは違うんじゃ無いか,と。

逆に,そういう意味だからこそ,
前田のところに大迫,
岡崎のところに大前,
遠藤のところに柴崎,
長谷部のところに米本,
とか,
今のところバックアップの薄いところに,
若手を呼んでほしいよね。
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]