忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[736] [735] [734] [733] [732] [731] [730] [729] [727] [726] [725]
newPCとデジがきました

PCの設定は、
やはりめんどくさく、
まだ完全復旧はできていませんが、
まぁ仕事に支障がない程度には戻ってます

これを機に、
・メーラーをサンダーバードに(Eudoraバイバイ)
・ブラウザをファイアーフォックスに(LunaScapeバイバイ)
それぞれ変えました

さぁさぁ、どうなる?? ってほどでもないか

あとは、
・ATOKどうします??
・グラフソフトは??


デジのSDカードが別売りだったので、
タダと新宿
帰りに「新宿ねぎし」で夕食セット
ビールとヤッコと定食で1800円
飲みすぎず、ちょうどよい、よいよー
今回はメンタリティの話


誉めて伸ばすか叱って伸ばすか、
最近の若者は打たれ弱いね、
なんて話
話している中で、
どうやら一般化できそうな気がしてきた

誉められてきた人は、
社会人になっても「加点方式」で評価されると思っているのではないか
「誉められたことをやっておけば問題ない」という思想
これは大間違い
他の部分で「減点」されてしまっては、
いかに加点したところで、
トータルは借金なのだ
自分が何もやらないことをゼロ点にして、
そこからの加点方式で考えられると非常に困る
自分が何もしないと、
「(ある部分で)何もしなかった」という減点が積み重なっていくのだ
こう考えると、
「これをやっておけば加点」ということを必死にやったとて、
トータルの借金は増すばかり
そして、
ある時その借金を指摘されると、
「気づかなかった」
「もうだめだ」
となってしまう
うーん

あと、
大学院生は学生ではなく社会人だ、
という心構えが足らない気もする
なんだかなぁ
根性を見せたり、
必死で努力をしたり、
ってこと自体は美しいし、
学校レベルでは評価されるかもしれないけど、
それだけでお金がもらえるほど社会は甘くない
PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]