忍者ブログ
自由と信念の箱船で恍惚と不安を抱きストロングスタイルで爆進します!
[1983] [1982] [1981] [1980] [1979] [1978] [1977] [1976] [1975] [1974] [1973]
クリティカル・シンキングと,
アカデミック(テクニカル)・ライティングと,
この二つは身につけておきたいところ。

そのために,
現状のレポートや卒論・修論・博論を通して,
いわゆるオン・ジョブ・トレーニング(OJT)的に習得する仕組みとは別に,
相当の時間を割いて,
それら専門の授業が存在すべきだと思う。

ブロイラー的な学生実験とか,
徒弟制度的な研究室生活とか,
そういう仕組みじゃ大多数の人は身につけられていないことは,
現状の理系卒の人々(研究者含む)があまり出来ていないことからも明白。

「大学改革」するなら優先順位が高い項目だと思う。


PR
プロフィール
HN:
kawagucci
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
海洋系の某独法で働く研究者が思ったことをダラダラと綴っています
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
7 10 11
13 15 16 19
20 22 23 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) kawagucci's Weblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]